特定非営利活動法人(NPO) 日本染織意匠保護協会 中小企業経営の知的財産「意匠保全登録」

日本染織意匠保護協会FAQ(よくあるご質問)

更新申請について

  1. 更新申請って何ですか?
  2. 更新期限(最大20年)が切れた,もしくは更新を放棄した意匠の権利関係はどうなるのですか?
  3. 更新の申請を忘れていました。1年後に更新申請することはできますか?

Q1. 更新申請って何ですか?

新規登録の有効期限は1年間です。引き続き登録を継続したい場合,毎年期限が切れる前に更新申請を行うことによって最長20年間更新をすることができます。この手続きが更新申請です。更新期限が切れる前に当協会から葉書で連絡させていただきます。更新手続きに必要な経費は登録と同じ1,575円です。

▲戻る

Q2. 更新期限(最大20年)が切れた,もしくは更新を放棄した意匠の権利関係はどうなるのですか?

更新されないと登録が消滅し公知の意匠となります。つまり誰にも権利が無く誰でもが使用できる公知意匠という扱いになります。著作権は別です。

▲戻る

Q3. 更新の申請を忘れていました。1年後に更新申請することはできますか?

更新申請は1年間を経過してから1ケ月以内に行うのが原則です。しかし,失念して更新できなかった場合は速やかに手続きを行ってください。この期間(更新空白期間)が著しく長く(3ケ月以上)なると更新申請はできません。改めて新規登録の手続きをお願いすることとなり,その意匠の更新残存期間は最初に登録された時期から起算して20年間となります。

▲戻る