特定非営利活動法人(NPO) 日本染織意匠保護協会 中小企業経営の知的財産「意匠保全登録」

日本染織意匠保護協会FAQ(よくあるご質問)

申請について

  1. 保全登録申請の手続きを教えてください。
  2. 意匠保護協会の会員でも、その傘下の会員でも無いのですが登録申請できますか?
  3. 当社と染工場とで共同開発したデザインですが,2社共同で登録することはできますか?
  4. インターネットを通じて意匠保全登録申請することはできますか?
  5. 具体的な用途を決めていない図案だけを登録申請することはできますか?
  6. 意匠保全申請書の写しを紛失してしまいました。再発行はできますか?

Q1. 保全登録申請の手続きを教えてください。

まず「顧客登録票」に必要事項を記入して提出してください(ファックス可)。顧客登録票は当協会のホームページから取り出せます。また請求いただければファックスなどで送ります。次いで,保全登録申請書(1点ごとに必要)を手に入れてください。当協会に請求いただければまとめて送付します。次に保全登録申請書に必要事項を記入してください。記入で分からないことは当協会にお尋ねください。あわせて意匠の写真(カラー)を撮影してプリント3枚を用意してください。プリントは縦位置でサイズは横7〜10センチ,縦10〜12センチ程度です。プリンターで印刷した写真も可です。写真を用意できない場合は,現物の商品(枡見本や織出し見本で可)を同送してください。当協会で写真を撮影します(有料/1件315円)。商品返却希望の方はその旨記載しておいてください。記載が無いと返却しません。以上が用意できれば当協会宛てに送ってください。これで申請手続きは終わりです。なお,申請料は1点1,575円ですが会員又はその傘下の会員は無料となります。請求は顧客登録票に従い後日請求書を送付します。

▲戻る

Q2. 意匠保護協会の会員でも、その傘下の会員でも無いのですが登録申請できますか?

できます。上記の「保全登録申請の手続き」を読んで申請して下さい。

▲戻る

Q3. 当社と染工場とで共同開発したデザインですが,2社共同で登録することはできますか?

申請者が複数では申請登録することができません。2社で話し合って1社に整理した上で申請登録してください。

▲戻る

Q4. インターネットを通じて意匠保全登録申請することはできますか?

できません。技術的には可能ですがシステムの整合性や情報漏洩の危険性など多くの問題を解決しなければならないため現状ではネット経由の登録申請を受け付けていません。

▲戻る

Q5. 具体的な用途を決めていない図案だけを登録申請することはできますか?

できません。当協会が扱う意匠は商品化を前提とした意匠です。そのため「用途」は登録に必要な重要な要件です。また,用途は染織品に限っていますので陶磁器や電気製品など他用途の意匠保全は取り扱っていません。

▲戻る

Q6. 意匠保全申請書の写しを紛失してしまいました。再発行はできますか?

できます。登録番号と申請者氏名(会社名など)をお知らせいただければ再発行いたします。ただし,再発行に必要な手数料(実費/1点1,050円)は請求させてただきます。

▲戻る