特定非営利活動法人(NPO) 日本染織意匠保護協会 中小企業経営の知的財産「意匠保全登録」

日本染織意匠保護協会FAQ(よくあるご質問)

日本染織意匠保護協会について

  1. 日本染織意匠保護協会(以下協会)の会員について教えてください。
  2. 日本染織意匠保護協会以外に国内で同じような業務を行っている機関はありますか?
  3. 日本意匠保護協会では意匠保全登録の他に何か業務を行っていますか?
  4. 日本意匠保護協会における年間の意匠保全登録の実績について教えてください。
  5. 日本意匠保護協会へのアクセスを教えてください。駐車場はありますか?

Q1. 日本染織意匠保護協会(以下協会)の会員について教えてください。

協会はNPO法人で京都や全国の染織関係の業界団体を正会員(12団体),他に企業や個人の有志を賛助会員(9社)として構成しています(平成19年4月現在)。会員は,染織意匠保全の意義を理解し,意匠保全の機運を高めることによって染織意匠を創作物として尊重していこうという趣旨から,国の意匠法に準じた民間独自の意匠保全業務を行っています。会員とその構成会員は申請料金が免除されます(会員外は申請料金が必要)。希望される方は会員になることができます。正会員(年会費1口/5万円)は団体,賛助会員(年会費1口/4万円)は企業又は個人。

▲戻る

Q2. 日本染織意匠保護協会以外に国内で同じような業務を行っている機関はありますか?

以前は,日本の主な染織産地に産地独自の染織デザインの意匠保全機関が設けられていましたが,現在では当協会と愛知県蒲郡市の2か所に残っているだけとなりました。その結果,当協会が全国の染織産地の意匠保全業務を行っています。なお,国(特許庁)でも意匠法に基づく意匠保護業務を行っていますが,工業デザインが中心です。

▲戻る

Q3. 日本意匠保護協会では意匠保全登録の他に何か業務を行っていますか?

行っています。具体的には意匠の盗用・模倣の防止に関する啓発,意匠のデジタルアーカイブ化技術研究,染織デザイン関係の資料収集,「意匠法」に関する情報収集,関係機関との情報交換などです。

▲戻る

Q4. 日本意匠保護協会における年間の意匠保全登録の実績について教えてください。

当協会で申請を受け付けた意匠保全登録は次の通りです
新規申請(1)更新申請(2)申請累計(1)+(2)
2,234件3,673件5,907件
(平成19年4月〜平成20年3月)

▲戻る

Q5. 日本意匠保護協会へのアクセスを教えてください。駐車場はありますか?

当協会は京都市の中心地,下京区四条通烏丸西入の京都産業会館5階が所在地です。阪急電車の「烏丸」,市営地下鉄の「四条」,市営バスの「四条烏丸」が下車駅で,徒歩2〜3分です。JR京都駅からは市営地下鉄の国際会議場行きに乗車。京阪電車の四条駅からは「南座」の前から市営バスに乗車。京都産業会館地下に駐車場があります。料金は30分間250円で当協会のスタンプを押印すれば30分無料となります。

▲戻る